アグネスデジタルの紹介

生年月日

1997-05-15

Crafty Prospector

Chancey Squaw

戦績

32戦12勝(うち地方:8戦4勝 海外:3戦1勝)

調教師

白井寿昭

騎手

四位洋文

馬主

渡辺孝男

生産者

ケイツビー W.クレイ&ペーター J.キャラハン

解説

芝・ダート問わず活躍できる馬はいるが、この馬ほどその垣根を越えた馬はいないだろう。

場所は中央・地方・香港
馬場は芝・ダート
距離は1600?2000
まででG1を6つ勝った馬

史上最強のオールラウンダー『アグネスデジタル』


アメリカで生まれたアグネスデジタルは外国産馬として日本に持ち込まれた。
栗東の白井寿昭厩舎に入厩し、若手の福永祐一を配しデビューを迎えた。
何を隠そうこの馬を見出したのは白井調教師本人であった。

デビューのダート戦で2着になり、折り返しの新馬戦で勝利を挙げるとその後芝のオープンに向かった。
そこで大敗すると再びダートに戻り鞍上をベテランの的場均にスイッチした。
500万を勝ち、川崎の全日本2歳優駿(当時G2)で重賞初勝利を飾った。

翌年は芝のレースに照準を定め目標をNHKマイルカップとした。
クリスタルカップ、ニュージーランドトロフィー4歳ステークスと共に3着に入り迎えたNHKマイルカップでは7着になってしまい、再び矛先をダートに変えた。
名古屋優駿を勝ち、大井でのジャパンダートダービーに1番人気で出走するも14着と惨敗してしまった。

休みを挟み9月の3歳限定のダートユニコーンステークスに出走し勝利、続く古馬との戦いの武蔵野ステークスでは2着と善戦した。

ジャパンカップダートは若干距離が長いと判断した調教師の白井は、芝への適性をまだ見限ってはおらずマイルチャンピオンシップへの出走を決めた。
芝で実績のないアグネスデジタルは13番人気の低評価であった。
しかし、上位人気も割れており全くチャンスが無いわけでは無かった。

ダートではスンナリ先行できる馬も芝の早い流れになかなか付いていけずに後方からの競馬になった。
最後の直線を向いてもまだ後方だった。
それを尻目にダイタクリーヴァ、エイシンプレストンなどが前に襲い掛かる。
残り200mを過ぎてもまだアグネスデジタルは中団にいた。
内にいたダイタクリーヴァが抜け出し、勝ちを手中に収めかけたそのとき大外から栗毛の馬が飛んできて差し切ってしまったのだ。
その脚たるや、ダイタクリーヴァが止まって見えるほどのまさに鬼脚であった。
レコードで勝ったアグネスデジタル。
白井の見立ては間違っていはいなかった。
この幾多の白井の判断こそアグネスデジタルを“最強のオールラウンド”へと導くのであった。

年明けの京都金杯に出走したアグネスデジタルだが、G1を勝っておきながら評価は3番人気であった。
まだフロック感が拭えないでいた。
結果は3着とまずまずだった。
目標をフェブラリーステークスにしていたが、足元を怪我してしまい自重。
春は安田記念を目標に定めた。
この春から引退した的場均に変わり四位洋文が引退まで手綱を取るのであった。
そのステップとして選んだ京王杯スプリングカップが9着、本番の安田記念は11着と結果が残せなかった。

夏を休養に充て、船橋のダートの日本テレビ盃から復帰しここを勝利。
その後、盛岡のマイルチャンピオンシップ南部杯も勝ったアグネスデジタル。
マイルチャンピオンシップ連覇を狙っていたのだが、急遽天皇賞(秋)への出走を決めた。
この決断が、アグネスデジタルを完全に『覚醒』させるのである。

天皇賞には絶対王者のテイエムオペラオーがいた。
アグネスデジタルは4番人気ながら単勝は20倍と穴馬扱いであった。
当日、雨が降った東京競馬場。
これが正に恵みの雨となったのだ。

テイエムオペラオーが正攻法から抜け出していく中、馬場の良い所を通っていたアグネスデジタルは重馬場をまるでマイルチャンピオンシップで見せたような鬼脚でテイエムオペラオーを差し切ってしまったのだ。
45年ぶりに外国産馬による天皇賞制覇を成し遂げた。
またもや、白井の見立ては当たったのだ。

これで芝・ダートの両G1制覇。
天皇賞で2000mまでは目途が立ったと判断した陣営は、香港のシャティン競馬場で行われる香港カップに向かった。
この年の香港国際競走はカップまでに、マイルでエイシンプレストンが勝ち、ヴァーズでステイゴールドが勝っておりアグネスデジタルには最高の流れが出来ていたのだ。
外枠から好スタートを切ったアグネスデジタルは中団の外目の位置を追走していた。
4コーナーを前にアグネスデジタルの手ごたえは抜群であった。
満を持して追い出すと、後方にいたときほどの切れ味ではないが内から差し返そうとする馬を最後は封じて日本馬3連勝を飾った。

翌年はフェブラリーステークスから復帰。
ここでは中団からレースを進め、最後はトーシンブリザードに迫られるも勝利し、これでG14連勝を達成。
しかも、中央・地方・海外と全て違う条件での勝利はもはや偉業と言っても過言ではなかった。

文句なしの実績を引き下げて挑んだドバイワールドカップだったが航空機トラブルなどがあり本来の力を発揮できずに6着になってしまった。
その後は、香港に向かいクイーンエリザベス2世カップに出走。
香港マイルの覇者エイシンプレストンとマッチレースを繰り広げるが僅かの差で2着であった。
ここから少しづつ調子が悪くなるのであった。
かきつばた記念4着後、安田記念に向かったがここでは4番人気であった。
しかし、最後はアドマイヤマックスを差し切り優勝しG16勝目を手にした。

その後は、勝てることなく有馬記念を最後に引退をしたのであった。

競馬界のユーティリティープレーヤー

それが

『アグネスデジタル』だ。

競走馬のイメージ

リンカーン

競馬大陸

ELEMENT

うまキングとは

総合競馬ランキングサイト「うまキング」をご覧いただき、ありがとうございます!

続きを読む

競馬ランキングサイト「うまキング」は、約300サイトの競馬予想サイトから
「どれがいいのかわからない!」「使ってみたいけど、実際に使った人の話が聞きたい!」
という要望にお応えするために、
サイト利用者の口コミやサイト運営者側の情報収集力、分析力、的中率をはじめ、
実績、サポート力、無料情報の質などを総合的に採点評価し、
「初心者向け」、「回収率重視」、「優良サイト」「口コミ評価の高い人気サイト」
の4つのカテゴリーごとに順位づけを行い、評価の高い上位10サイトを選定し掲載しました。

ぜひ、競馬ランキングサイト「うまキング」で
あなたに合った予想サイトを見つけて、馬券購入の際の参考にしてください。

ページトップへ