マヤノトップガンの紹介

生年月日

1992-03-24

ブラインズタイム

アミプリープリーズ

戦績

21戦8勝

調教師

坂口正大

騎手

田原成貴

馬主

田所祐

生産者

川上悦夫

解説

G14勝。
その全ての勝利で戦法が違う馬。
逃げ・先行・差し・追い込み「変幻自在」のサラブレッド。

それが、『マヤノトップガン』である。

輝かしい成績の持ち主ではあるが、決してエリート街道を歩んできた訳ではない。

元々、足元が弱く暫くはダートを主戦場としていたのだ。
1995年1月の京都のダート1200mの新馬戦。
マヤノトップガンは1番人気になるも後の桜花賞馬のワンダーパヒュームから1秒遅れての5着。
2戦目、3戦目と3着で迎えた3月の京都ダート1200m戦でようやく初勝利を挙げるのである。
実に初勝利を挙げるまでに4戦を費やしたのである。
その後も500万を勝つまでに3戦を要し、既に春のクラシックの出走は叶わなかったのだ。

しかし、トップガンの成長に合わせて無理をしなかったことがトップガンをトップホースへと成長させるのである。

初めての芝のレースとなったロイヤル香港ジョッキークラブトロフィーで3着に入着。
続く、やまゆりステークスで勝利を収めると、そのまま菊花賞トライアル第1弾の京都新聞杯・第2弾の神戸新聞杯に出走し共に2着で菊花賞への出走権を手にしたのだ。

11月5日京都競馬場で第56回菊花賞が行われた。
1995年と言えば、不世出の大種牡馬サンデーサイレンス産駒の初年度産駒がデビューし、皐月賞をジェニュインが、ダービーをタヤスツヨシが、オークスをダンスパートナーと春から初年度産駒が大活躍をしていたのである。

この菊花賞には、ジェニュインが回避をしタヤスツヨシの成績は振るわなかった、そんな中1番人気にはオークス馬ダンスパートナー、2番人気にナリタキングオー、重賞未勝利だがマヤノトップガンが3番人気に推されていたのだった。

レースは1週目の坂の下りで4番手をキープ。
メインスタンでも折り合いを欠くことなくレースを進め、4角先頭に躍り出ると、トウカイパレスやダンスパートナーの追撃を許さず3:04.4の当時のレースレコードで優勝。
無理をせず使われてきた才能がクラシックの最後で遂に開花したのであった。

1月のデビューから特に休むこともなくコンスタントにレースに使われてきたトップガン。
当然、菊花賞後に休養も考えられてが、陣営はトップガンの状態が思いのほか悪くなかったことから年末の有馬記念への参戦を決めた。

1995年12月24日クリスマスイヴの第40回有馬記念。
メンバーには、三冠馬ナリタブライアン。女傑ヒシアマゾンなどG1馬が多数顔を揃えた。
ヒシアマゾンが1番人気に、ナリタブライアンが2番人気に。
マヤノトップガンはややメンバーが手薄だった菊花賞の勝利が、見ている人にとっては半信半疑だったので13倍の6番人気であった。

菊花賞では好位からの競馬を見せており、今回は外目の枠という事もあり好位でレースを進めるかと思いきや、鞍上の田原成貴は馬に任せてハナを切ったのである。
特に競りかけてくる馬もおらず、そのままスローペースに落としたのだ。
3コーナーから4コーナーにかけてナリタブライアンがマヤノトップガンに追いすがり、連れてヒシアマゾン、サクラチトセオーも仕掛け始め直線を向いた。
手ごたえ的に伸びてもいいはずのナリタブライアンが伸びあぐねている中、後続を離しにかかるマヤノトップガン。
内からタイキブリザード、大外からサクラチトセオーが追いすがるが届かずそのまま逃げ切ったのだ。
これは、有力馬が中団から後方に位置する馬が多いと読んだ田原成貴の判断も大きかったのかもしれない。

マヤノトップガンは菊花賞と有馬記念制覇が評価され、1995年の年度代表馬に決定したのだ。

翌1996年3月の阪神大賞典。
有馬記念で土をつけたナリタブライアンとの再戦が訪れたのだ。
人気はマヤノトップガンの方がナリタブライアンよりも人気になった。
レースは、2頭によるマッチレースになり、600mによる叩き合いの末ナリタブライアンが勝利した。

4月21日の京都競馬場では第113回天皇賞(春)。
ナリタブライアンとマヤノトップガンの2強ムードが立ち込めていた。
3番人気には大きく離れてサクラローレルであった。

レースでは珍しく、マヤノトップガンが行きたがる素振りを見せるのである。
終始、鞍上が手綱を引っ張りながら走っていた。
4コーナーで先頭に出たマヤノトップガン目掛けてナリタブライアンが並びかけられ、後方の馬に差され5着に終わった。

雪辱を期す第37回宝塚記念。
有力馬が相次いで出走を回避し、マヤノトップガンの圧倒的人気となった。
3番手からレースを進めると、4コーナーでは早くも先頭に並びかけ、そのままステッキを抜くことなく勝利。
格の違いを見せつけたのであった。

秋はオールカマーでサクラローレルと相見えるが5着に敗れ、天皇賞(秋)を2着、有馬記念を7着と勝つことが出来なかったのだ。

6歳になったマヤノトップガンだが、初戦の阪神大賞典では今までとは打って変わって後方からレースを進める戦法を取ったのだ。
初の後方からの競馬も何のその、3コーナーから馬なりで進出すると、そのまま後続を突き離し楽勝。

1997年の第115回天皇賞(春)
サクラローレル・マヤノトップガン・マーベラスサンデーの3強対決となった。

レースは、2週目向こう正面からサクラローレルが引っ掛かり気味にポジションを上げ、連れてマーベラスサンデーが追っていく。
しかし、マヤノトップガンの田原はそれに惑わされることなく内で我慢していた。
直線を向き、サクラローレルとマーベラスサンデーが先に抜け出す。
2頭の叩き合いを外から豪快にマヤノトップガンが差し切ってG14勝目を飾った。
勝ちタイム3:14.4は当時の大レコードであった。
実にこれが4つ目の戦法によるG1勝利であった。

秋競馬で昨年の雪辱を果たすはずであったが、不治の病の屈腱炎を患ってしまいそのまま引退することが決定、種牡馬入りが決定した。


G1勝利を4つ積み重ねた中で、4角先頭、逃げ切り、好位抜け出し、直線一気と全て異なる戦法で勝っているのだ。
これは、マヤノトップガンの性格がそうさせたと言われているが、ジョッキーが田原成貴でなければここまでの成績を収められなかったかもしれない。

『自在』と言う脚質は、『マヤノトップガン』の為だけの脚質かもしれない。

競走馬のイメージ

リンカーン

競馬大陸

ELEMENT

うまキングとは

総合競馬ランキングサイト「うまキング」をご覧いただき、ありがとうございます!

続きを読む

競馬ランキングサイト「うまキング」は、約300サイトの競馬予想サイトから
「どれがいいのかわからない!」「使ってみたいけど、実際に使った人の話が聞きたい!」
という要望にお応えするために、
サイト利用者の口コミやサイト運営者側の情報収集力、分析力、的中率をはじめ、
実績、サポート力、無料情報の質などを総合的に採点評価し、
「初心者向け」、「回収率重視」、「優良サイト」「口コミ評価の高い人気サイト」
の4つのカテゴリーごとに順位づけを行い、評価の高い上位10サイトを選定し掲載しました。

ぜひ、競馬ランキングサイト「うまキング」で
あなたに合った予想サイトを見つけて、馬券購入の際の参考にしてください。

ページトップへ